menu

STAFF

スタッフ紹介

助教(医局長)

須田 謙史

Kenji Suda

博士(医学)(京都大学)、日本眼科学会専門医、
神経眼科相談医、
視覚障害者用補装具適合判定医師、
トラべクトーム会員

専門: 緑内障、神経眼科、斜視

PROFILE

MY HISTORY
2006年 京都大学医学部医学科 卒業
2006年 京都大学医学部附属病院 初期臨床研修医
2008年 京都大学医学部附属病院眼科 後期研修医
2009年 公立豊岡病院組合立日高医療センター眼科 医師
2012年 京都大学大学院医学研究科眼科学 大学院生
2016年 京都大学医学部附属病院眼科 医員
2020年 京都大学医学部附属病院眼科 助教
所属学会 日本眼科学会、日本眼科医会、日本網膜硝子体学会、
日本緑内障学会、日本神経眼科学会

MESSAGE





現在は緑内障、斜視弱視、神経眼科の外来で主に診療しております。これらの分野は視神経疾患、眼位異常など、お互いにオーバーラップする要素があります。判断が難しい症例に関しては専門外来カンファレンスを通じて担当医チームと連携しながら、最も適切な外来を受診いただけるように調整しています。また長期の経過観察が必要であったり病状が落ち着いていたりする患者さんに対しては、病診連携を積極的に図りながら診療にあたっております。

大学院時代には京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の村上達也研究室(現富山県立大学工学部 生物工学科医薬品工学)で高比重リポタンパク(HDL)やドラッグデリバリーシステム(DDS)の研究を行っていました。現在は、この技術を用いることで既存の治療方法にとらわれない創薬の開発に取り組んでおります。



PRIVATE ―私の趣味―
ヴァイオリン、温泉めぐり(泉質の比較)、経済思想史関連の書籍

次のページへ