LOW-VISION

ロービジョン外来

MEMBER

高橋 綾子

CLINICAL OUTLINE

ロービジョン外来では見えにくさに伴う日常生活の不自由さの軽減につながるように、眼科医師・視能訓練士・看護師が協力して、患者さん一人ひとりの生活スタイルに応じた日常生活での工夫のアドバイス、拡大鏡や拡大読書器の紹介、遮光眼鏡・矯正眼鏡の処方を行っております。また視覚障害の申請や福祉サービスのご紹介など、情報提供を行っています。夜盲の方のための暗所視支援眼鏡を常備しており、試用が可能です。

月1回、眼科病棟で見えにくい方のための「患者相談会」を開催しています。患者さん、医師、看護師、視覚障害者総合福祉施設(京都ライトハウス)の相談員が集い、患者さんが困っていることを分かち合い、不便さの軽減の方法を一緒に考え、利用できる福祉サービスの情報提供を行います。

ロービジョン外来担当医師は2017年4月に開設された京都ロービジョンネットワークの運営委員であり、京都ライトハウスや、地域の相談員と密に連携しています。

見えにくさで困っておられる患者さんがおられましたら、各外来の担当医までご相談ください。京大病院受診歴のない方は、地域連携室を通じてロービジョン外来へ予約をお願い致します。

LED付ルーペの使い方

暗所視支援眼鏡の体験

遮光眼鏡の色合わせ

拡大読書器